空き地を売却したいのだけれど・・・買い取りと仲介の違いって?



仙台泉不動産仲介.comの責任者の澤口祐紀です。

 

先月、取引先の方より

次のようなお話しがありました。

 

「空き地の売却を考えている方がいるのだけど

スイコーさんに相談できますか?」

 

話によると事業をなさっている方で、

事業継承に伴い

以前取得した空き地の売却を検討しているとのこと。

 

事情を聞くと

 

「とりあえず

チラシとかでよく聞く不動産屋に相談したところ、

売却をお考えなら無料査定いたしますよ、

ということなので無料ならと依頼しました。」

 

「一週間もしないうちに、

査定書類を提出するというので

素早い対応だなぁと好感をもっていたのですが・・・」

 

「説明を聞くと、買い取り査定ということで、

即現金買い取ります。お早めに決断ください。

と何かせかされるような感じがして即答を避けました。」

「自分なりに、インターネットでその地域の相場を見ると、

シロウトだけどなんか相場より安いんですよね。」

 

とのことでした。

その方は

買い取りと仲介の違い

をよく分からないまま相談してしまい

不動産業者も、買い取りのみのご提案で

契約を迫ってしまう状況になっていました。

 

違いを説明しますと

不動産仲介(媒介)は

売り主と買主の間に立って、仲介手数料を頂くことです。

不動産手数料は

売買価格3+6万円(消費税別・売買価格で手数料が変わります)

となります。

不動産買い取りは、

不動産業者が買主となって売買契約を結びます。

こちらは、一般的に相場の

2割から3割安く買い取られます。

 

結論としては、

売り主にとって

不動産仲介と不動産買い取りの

メリット・デメリットをよく説明してくれて

より良い判断をすることができるような

情報提供をしてくれる業者かどうかが

重要なポイントです。

 

 

 

仙台泉不動産仲介.comのスタッフ紹介はこちら

仙台泉不動産仲介.comのホームページ

仙台泉不動産仲介.comは仙台市泉区で35年、

地元のみなさまの住まいに関わっています。

泉区・宮城野区・青葉区を中心にしつつ、

ご相談いただければ周辺地域も調査に伺います。