住まいの専門家としての「中古購入」



こんにちは、

仙台泉不動産.com運営者の

足立光弘です。

 

私は現在、

震災前に中古で買った

マンションに住んでいます。

こういう仕事をしているので、

「じっくり選んでいいところを

探したんでしょうね」

と言われたりもするんですよね。

 

でも実は決めるときには

ここ一件しか見ずに、

すぐに決めてしまったんです。

 

その当時、50世帯もない

中規模のマンションで

~3世帯くらいはいつも

売りに出ているようなマンションでした。

立地も仙台市街地へは

近いながらも山の上で、

徒歩で行けるとこには

お店も何もないような場所です。

 

そのマンションは

仙台市内の価格を見てても

築年数の割にはかなり安い設定で、

内装も汚れて古い印象を

与えるような部屋でした。

 

それでも、

一度で決めたのは

建物の中でも

日差しが入りやすい位置の角部屋。

2階なのに長町を見下ろしつつ、

ベランダからは海まで見える。

仙台の街中へ車で10分、

バスも始発で仙台へ。

 

ということだけでなく

 

建物の大切な部分は

しっかりしていると

知っていたこと、です

 

いくらクロスが汚れていても、

カーペットが薄くすり減っていても、

ふすまが破けていても、

巾木が古臭い色だとしても・・・

 

リフォームしたあと、

どこがきれいになるのかを

知っている人間からしたら、

とても魅力的な物件に映るんですよね。

 

しかも、

築年数も20年ほどで、

前の持ち主がガスコンロや給湯器といった

消耗機器をすでに交換していたり、

さらにはリビングや寝室には

断熱ガラスや2重サッシも入っていて、

実はいたれりつくせりだったんです。

 

漠然と物件を見るよりも、

どこが良くてどこが悪いのか、

どこにお金がかかるのか、

将来の費用や使い勝手やメンテナンスも

わかっていて見てみると、

決めやすいような気がします。

 

さらにはデメリットがあったとしても、

何とかなる範囲なのか、

我慢できるのか、

あらかじめわかっていれば、

それも自分で納得しているので

気にならなくなったりますよ。

 

ちなみに冬の大雪の日など、

数年に一度は家に帰るために

タイヤにチェーンを履かせるのは・・・

 

 

やっぱりデメリットでしょうねぇ・・・

 

 

 

仙台泉不動産仲介.comのスタッフ紹介はこちら

仙台泉不動産仲介.comのホームページ

仙台泉不動産仲介.comは仙台市泉区で35年、

地元のみなさまの住まいに関わっています。

泉区・宮城野区・青葉区を中心にしつつ、

ご相談いただければ周辺地域も調査に伺います。