部屋が寒い原因は?



こんにちは

仙台泉不動産.com

運営者の足立光弘です。

 

 

今年はビックリするような寒さもあり、

あらためて家の暖かさについて考えた人も

いるんじゃないでしょうか。

 

最近の家は断熱材もきちんと入っていて、

エアコン1台で、あったかい家も増えてきました

しかし、少し前の家は断熱材が入っていても

なんだか足元が寒いなぁとか、

部屋をあっためても廊下はいつまでも寒いままだとか、

外出から帰ってきて温度を見てみると外と大して変わらない温度

だったりするような家もあるのではないでしょうか

 

私はマンションに住んでいて、

マンションだとそこまで寒いわけではないのですが、

それでもなんだか足元が寒いなぁとか、

窓の近くには寒くていられないとか思うことがあります。

 

そう考えると、明らかに原因は窓なのですが、

実はリビングの窓は真空ガラスのスペーシアが付いています。

 

ガラスの断熱性は折り紙付きで、結露も全然しません。

 

ところがその窓の近くが、寒いのです。

よくよく見ると周りのサッシがうっすら結露しています。

アルミ製のサッシなので、外の冷たい温度を

そのまま通してしまい、寒いのです。

 

さらに引き戸のサッシなので、

いくらきちんと閉めても、

どこかに隙間ができてほのかに冷気が入ってきています。

 

分かりやすいのは台所の換気扇を最大量で回すと

途端にサッシの隙間風がビュービュー入ってきます。

自然に換気ができていいですよね、

なんて言ってる場合ではありません。

 

ちなみに簡単にできる、隙間を減らす方法としては、

 

きちんと鍵を閉める!

 

ということです

 

その他には隙間テープとかいろいろ貼ってみるという方法もありますが、

引き戸のサッシというのは限界もあります。

 

そうなってくると更に内側に樹脂サッシを取り付ける

 

内窓

 

という方法があります

 

最近の内窓は結構しっかりとした密閉性があり、

すきま風もある程度防いでくれます。

 

ちなみにうちのリビングの出窓は、

実験的に大きなビニールを全面に貼って隙間風を防いでいます。

 

台所の換気扇を回すと引っ張られて

大変なことになるので、オススメはしませんよ。

 

 

 

仙台泉不動産仲介.comのスタッフ紹介はこちら

仙台泉不動産仲介.comのホームページ

仙台泉不動産仲介.comは仙台市泉区で35年、

地元のみなさまの住まいに関わっています。

泉区・宮城野区・青葉区を中心にしつつ、

ご相談いただければ周辺地域も調査に伺います。